いやいやナイスゲームでしたし、本当に面白いゲームでしたね。東明をKOしたとはいえ3得点のみ。決定的なリードは奪えぬまま榎田も相変わらずの不安定な内容で試合は中盤以降にもつれ込みます。


それにしてもオリックスの安達はよく打ちましたね。榎田から追撃の2ベースに一時は試合を決定付けたと思わせる3ランまで。


だいたい鶴も同点の2アウト1・3塁で右打者の安達の場面に出てきて初球の甘めスライダーを放り込まれるようでは話になりません。シュートという右打者が嫌がる球を持ちながら、仮に当ててしまっても満塁で点は入らない場面なのにサインだったでしょうがスライダーを置きにいってしまう。ワイルドピッチを恐れたのかもしれませんが、緩んだ腕の振りから甘めのスライダー。安達も前に榎田の初球ストレートを打っていたので次は変化球を待っていたのでしょう、待ってましたの当たりとなりました。


試合は新井兄とゴメスの一発で阪神が劇的な勝利を収め、野球観戦という意味では最高の試合となりましたが、阪神は自力でオリックスに競り勝ったというよりは安達の打撃に苦しめられ、安達の守備に助けられたような試合でした。


まずは初回のマートンの2点目のタイムリーは完全にエラー(記録はヒット)、更に新井兄がホームランを打った回にマートンが初回と同じような当たりを同じようにファンブル(記録はエラー)。更に坂のゲッツー崩れも待って捕った分ゲッツーが取れませんでした。これは二回弾いてるから前に出てこれなかったのでしょう。正直プロのショートというにはちょっと残念な守備で、私は阪神ファンですが二遊間のゴロの処理は巨人の坂本のプレイが好きです。


とにかく阪神は対戦成績を五分で終える事ができ、しかも上本の復帰&変わらぬ状態、そしてゴメスの一発と今後に繋がる勝ちを収めたのは大きい。強いて言うなら西武!たのんますわ~(笑)




このエントリーに関連した記事
T-山田は良い選手 - 今年こそVやねん(石直球)
それにしてもスワローズの山田哲人、良い選手ですね。確かライオンズの大石投手の外れ1位、外れ外れだったかも…ですが、高卒プロ入り3年目で阪神のエース能見を完全に打ってましたからねえ…素晴らしい。
本当にスワローズは川端といい高卒の野手がボンポンと出てきますね…羨ましい